ファイナンシャルアドバイザーのマーケティング:見込み客の心をつかむ

ビジネスを成長させるには、顧客基盤の構築が不可欠です。たとえあなたが一番のファイナンシャル・アドバイザーであっても、顧客やポートフォリオの管理ができなければ、ビジネスを構築することはできません。

新規顧客を獲得する上で最も難しいのは、打ち解けることです。ここでは、ファイナンシャル・アドバイザーが見込み客と打ち解けるためのマーケティングのヒントをご紹介します。

では、押し売りや宣伝にならないように、見込み客に話しかけるにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、あなたのファイナンシャル・アドバイザー・ビジネスを新規顧客に売り込むためのいくつかの方法をご紹介します。

 

ファイナンシャルアドバイザーのマーケティング ステップ1:

マーケティング戦略の検討

新規顧客へのアプローチの第一歩は、マーケティングによるリードの収集です。見込み客を集めるためのマーケティング戦略を考えてみましょう。ここでは、見込み客の発掘に役立つマーケティング戦略の構成要素をご紹介します。

- メールマーケティング

- 現在の顧客からの紹介

- ソーシャルメディア

- ブログコンテンツ

- ウェビナーやその他のイベント

 見込み客の連絡先情報を収集したら、彼らとのコミュニケーションを継続することが重要です。育成された見込み客は、育成されていない見込み客に比べて、売上が20%増加します。

 

ファイナンシャルアドバイザーのマーケティングステップ2:

良い第一印象を与える

新規顧客にアプローチする際には、面接に臨むのと同じように、自分を最大限にアピールすることが重要です。直接会って話をする場合でも、単にメールを送る場合でも、常にブランドメッセージに一貫性を持たせる必要があります。コミュニケーションにおける一貫したブランディングは、あなたのビジネスに信頼性を与え、顧客からの信頼を促進します。最初からブランドの価値や使命を体現していれば、顧客は覚えていてくれます。

また、ウェブサイトやソーシャルメディア、オンラインでの評価など、直接話をしなくても、顧客はブランドの第一印象を持つかもしれません。だからこそ、オフィスでもウェブサイトでも、すべての接触機会で一貫性を保つことが重要なのです。

 

ファイナンシャルアドバイザーのマーケティングステップ3:

聞き手を知る

新規顧客と効果的に打ち解けるためには、その顧客がどんな人なのかを少しでも知っておく必要があります。必ずしも一人ひとりの人生を詳細に知る必要はありませんが、どのような顧客と接しているのかを把握しておく必要があります。小学校5年生のクラスに大学レベルのレッスンプランを書かないのと同じように、コミュニケーションの方法を考える際には、対象となるお客様のことを念頭に置く必要があります。

現在の顧客層や見込み客について考える際には、次のような質問をしてみましょう。

- 投資を始めたばかりですか?

- 投資は初めてですか?社会人になったばかりですか?

- どこで働いていますか?

- 自由時間はどのように過ごしていますか?

- 主な経済的なゴールは何ですか?

 また、新規顧客と話す際には、具体的な言葉遣いをする必要があります。業界特有の専門用語を多用すると、お客様から疎まれ、信頼できないと思われてしまいます。シンプルで親しみやすい言葉遣いを心がけるとよいでしょう。

 

ファイナンシャルアドバイザーのマーケティングステップ4:

ストーリーを語る

認知心理学者のジェローム・ブルーナーは、事実がストーリーの一部である場合、私たちはその事実を22倍も記憶しやすいと推定しています。ストーリーを語ることは、あなたがコミュニケーションを取る見込み客に永続的な印象を与えるでしょう。

金融商品の基本的な概念を説明する代わりに、サクセスストーリーを語りましょう。あるいは、あなた自身のストーリーを語ることで、新規顧客からの信頼をさらに高めることができます。現在、ファイナンシャルアドバイザーは、顧客の声を利用して、顧客のストーリーを見込み客と共有することもできます。

 

ファイナンシャルアドバイザーのマーケティングステップ5:

本物であること

最も重要なことは、新しい顧客と打ち解けるときに自分らしさを出すことです。人と人とのつながりは、特にお金を扱うときには欠かせません。リードを集めるための効果的なマーケティング、優れた第一印象、オーディエンスリサーチ、ストーリーテリングを行うことで、新しい顧客ベースを築くことができるでしょう。

 

 

ファイナンシャル・アドバイザーとしてのプロスペクティング(マーケティング)は、最初は不安で厄介なものです。私たちに相談いただければ解決のヒントをお伝えすることができます。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示