8つの簡単なマーケティング・アイデア

ファイナンシャルアドバイザーとして、現在の仕事に加えて、マーケティング戦略全体を設定したり、複数のプロジェクトを実行したりする時間はないでしょう。そこで私たちは、手間をかけずに自分を売り込むことができる、簡単でクリエイティブな8つの方法をリストアップすることにしました。早速、ご紹介しましょう。

 

 

 

1.ランチセミナー

ランチセミナーとは、まさにその名の通り、昼食をとってもらいながらセミナーをすることです。あなたの職場の近くにある施設や企業に、このような短いセッションを提供します。そこに行って、顧客が普段知りたがっているトピックについて1030分のプレゼンテーションを行い、あなたが提供するサービスについて説明して、名刺を置いていけばいいのです。時間もかからないし、お昼休みの時間も有効に使えます。

 

2.メルマガ、ニュースレターの発行

ニュースレターは非常に簡単で、あなたのビジネスを常に念頭に置くには最適です。これは、お客様に価値やアドバイスを提供する数多くの方法の1つです。まずは月に一度、ビジネスの最新情報やアドバイス、よくある質問への回答などをメールで配信してみてはいかがでしょうか。ここから、ニュースレターを発展させ、ブランドのスタイルを加えるなど、自分の好きなように作り上げることができます。

 

3.セミナーやウェビナーを開催する

セミナーとウェビナーは、名前も内容も似ています。どちらも聴衆に手を差し伸べ、教育を行う方法であり、ランチセミナーに似ています。両者の唯一の違いは、セミナーが対面で行われるのに対し、ウェビナーはオンラインで行われることです。そのため、やりたくなければオフィスから出る必要もありません。セミナーやウェビナーは、30分から45分程度で、1つのテーマに沿っていくつかの異なる具体的な事例をカバーすることをお勧めします。

 

 

4.報道関係者に声をかける

地元の新聞社は、一般的に、地元の面白い出来事を喜んで取り上げたり、金融の専門家を用意したりして、必要に応じて電話をかけたり参考したりします。何人かの地元の報道関係者に声をかけて、何がヒットするか試してみましょう。もしかしたら、金融関係のコラムを書く機会があるかもしれません。このマーケティング手法の素晴らしいところは、無料で、しかも近くに住んでいる人を対象にしているので、自分の理想とする市場に関連した顧客を見つけるチャンスが増えることです。

 

5.手紙を送る

手紙は本当に素敵で、安くて、心のこもったものです。例えば、お客様の誕生日のような特別な日に特別な手紙を送ったり、お客様の中に経営者がいる場合はや会社設立記念日に手紙を送ったりして、ターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか。複雑な手紙を何時間もかけて作成しなくても、手紙を送る行為だけで、あなたの心遣いが伝わり、良い印象を与えることができます。

 

6.会議に出席させてもらう

この戦術はランチ勉強会と似ていますが、大きな違いは環境と状況です。全体のプレゼンテーションを計画したり、時間のかかるものを用意したりするよりも、会社の週1回のミーティングで5分程度の短いプレゼンテーションができないかと問い合わせてみましょう。スポーツや組織など、町のクラブの会合でもできます。他の場面では目に留まらないような人にも声をかけることができないか、工夫してみてはいかがでしょうか。

 

7.プロフェッショナルなウェブサイト

これは、非常に現代的なマーケティング手法を実践するのに最適な方法です。あなたのウェブサイトは、世界中の人々があなたを見つけ、出会い、連絡を取るための手段なのです。トラフィックを生成するためのヒントや、SEOのエキスパートになる方法については、お問い合わせください。

 

8.ユースチームのスポンサー

最後に、より多くの顧客を獲得し、地域社会に貢献する方法を探しているのであれば、スポーツのユースチームのスポンサーになるのも良いでしょう。地元のスポーツチームに資金を提供する代わりに、ジャージに自社のロゴを入れたり、アリーナに手すりを付けたりすることができます。このようにして、あなた自身が地域の重要な拠点となり、スポーツ活動に参加している子供たちの親に手を差し伸べ、あなたが気にかけていることを示すことで、彼らとつながりを持つことができるのです。

 

まとめ

さて、これらのヒントはたくさんあるように見えるかもしれません。一度にすべてを実践することはお勧めしませんが、少しずつでもマーケティング手法に触れてみることは、ビジネスにとって非常に有益なことです。もし、あなたがこれらの手法を試してみたら、ぜひご連絡ください。SNSEメールで、これらの手法がどのように役立ったかをお知らせください。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示