プロフィールの書き方

インターネットユーザーの約80%は、商品やサービスを購入する前にオンラインでリサーチを行います。その際、あなたのウェブサイトにもアクセスすることがありますが、その際にあなたのことを知ってもらうために、専門的なの経歴や会社概要を掲載することが必要です。プロのファイナンシャル・アドバイザーとして、あなたのウェブサイトには、簡潔なプロフィールが掲載しているのが理想です。

 

プロフィールには、以下のような項目を含むものが良いでしょう。

  • あなたの学歴
  • あなたのこれまでの仕事の経験とビジネスにおける専門性
  • 社会貢献活動やコミュニティへの参加
  • あなた自身の写真
  • チームメンバー(管理職、経営陣、専門家、パートナーなど)のリストと略歴

他、ウェブ上で公開しても問題ないと思う情報のみを記載してください。

Webライティングのためのヒント

  1. ウェブ用の文章は、紙の文章とは大きく異なります。79%のユーザーは一字一句読まずにページを眺め、16%のユーザーは一字一句すら読まないと言われています。コンピュータの画面から読むのは、紙で読むのに比べて25%時間がかかると言われています。ウェブコンテンツの文字数は、紙媒体の50%が望ましいでしょう。
  1. 各段落には、1つのメインテーマを入れる。ユーザーは段落に目を通す際に2つ目のポイントを読み飛ばす傾向があるため、2つ目のアイデアには2つ目の段落を使用します。Webドキュメントは流し読み可能なようにデザインしてください。
  2. 逆ピラミッド型の文章を使う。ページの最初に結論と残りの内容の短い要約を書きます。
  3. ワード数を半分にする。あるトピックのオンライン版のワード数は、印刷物のワード数の半分程度にしましょう。ユーザーは、画面上で文字を読みすぎると苦痛を感じ、紙に比べて画面上では読むスピードが約25%遅くなります。ユーザーは大量のテキストをスクロールして読むことを好まないので、最も重要な情報を一番上に配置する。ページの最初には結論と残りの内容を簡潔にまとめます(「逆ピラミッド型」)。
  4. シンプルな文章構成にする。煩雑な文章や複雑な言葉は、オンラインではさらに理解しにくくなります。
  5. 箇条書きや番号付きのリストを使う。箇条書きや番号付きのリストは、流し読みする目を遅くし、重要なポイントに注意を向けさせることができます。
  6. 特に見出しでは、比喩の使用をなるべく使わないようにしましょう。ユーザーが文字通り受け取る可能性があります。
  7. 難解な見出しは避ける。ユーザーは文章の意味を読み取るために流し読みをするので、気の利いた見出しやかわいい見出しは使わないようにしましょう。
  8. 誇張した表現は避けましょう。ユーザーの信頼を得るためには努力が必要ですが、大げさな主張や誇張した表現を使うと、その信頼はすぐに失われてしまいます。"マーケット用語 "は避け、より客観的なスタイルを選びましょう。

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示