メール・マーケティングを改善するための6つのヒント

Eメールマーケティングは、オンラインの世界では最も手頃なマーケティング手法の一つです。しっかりと計画されたメールマーケティングは、多額の費用をかけずに簡単に結果を出すことができます。

では、どうすれば効果的なEメールマーケティングができるのか、という疑問に対し、メールマーケティングを行う際のヒントをリストアップしました。

パーソナライズされた件名を使う

受信者がメールで最初に目にするのは、件名です。受信者がメールを開封するかしないかの判断は、メールの件名に大きく影響されます。簡単に言えば、件名がメールマーケティングキャンペーン全体を左右すると言っても過言ではありません。ここで、パーソナライズされた件名の重要性が出てきます。パーソナライズされた件名は、単純な件名と比較してより効果的です。パーソナライズされた件名を書くには、件名に受信者の名前を使用します。パーソナライズされた件名は、受信者の好奇心を刺激し、メールの開封率を向上させます。

 

セグメント化されたメッセージ

Eメールの受信者リストを、興味、過去の購入履歴、流入元、登録日などに応じて、サブグループにセグメント化し、セグメント化されたメッセージを送信します。セグメント化されたメッセージを送信することで、ターゲットとなる特定のグループと直接コミュニケーションをとることができ、ROIとコンバージョン率を高めることができます。

 

タイミングを見計らう

もうひとつ重要なことは、メールを送信するタイミングです。受信者を週末のミーティングに招待したい場合は、月曜日よりも金曜日にキャンペーンを行う方が効果的です。同様に、ターゲットとなる人々が9時から5時までの仕事をしている場合は、昼休みにメールを送るとよいでしょう。

 

関連性の高いコンテンツを使う

購読者がメールリストから脱退する最大の理由は、関係のないコンテンツです。メールの内容は、受信者にとって関連性があり、有益なものであることを確認しましょう。受信者の視点に立ってコンテンツを作成しましょう。メールの内容は、受信者の問題点やメリットを伝えるものであり、あなたやあなたの商品・サービスの素晴らしさを伝えるものではありません。

 

スパムフィルターの仕組みを理解する

スパムでなくても、メールがスパムフィルターに引っかかることはあります。メールの受信を希望している人に送信した場合でも、迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあります。メールがスパムと判定される要因は様々です。 スパムフィルターについて詳しく知りたい方は、お問い合わせください。

 

頻繁にメールを送らない

誰もが自分のメールリストから最大限の結果を得たいと思っていますが、購読者に頻繁に宣伝メールを送ることは、購読者の不満を募らせ、スパムとしてマークされてしまいます。そのため、頻繁にメールを送らず、何かお得なキャンペーンや価値のある情報を発信したときにのみ、購読者に連絡するようにしましょう。

 

テスト、テスト、テスト

テストは、Eメールマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを向上させる最も効果的な方法であり、その結果に基づいて微調整を行うことができます。最も簡単なテスト方法は、A/Bテストです。例えば、500通のメールがリストにあるとします。そのリストを1001003003つのグループに分けます。最初のグループにはメールAを、2番目のグループにはメールBを送ります。より多くのクリック数と売上を獲得したメールを見つけ出し、それを第3グループに送ります。このようなテストを行うことで、メールを送るのに最適な日や時間帯、最適な件名、最適なオファーなど、多くのことを見つけることができます。

以上、ファイナンシャルアドバイザーがメールマーケティングキャンペーンを実施する際に従うべき6つのヒントをご紹介しました。過去にメールマーケティングキャンペーンを行ったことがありますか、あるいは現在行っていますか?また、どのようにしてコンバージョン率を向上させましたか?あなたのヒントを是非教えてください。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示