動画マーケティングの手引き

最後にオンラインで流れてくる動画を見たのはいつですか、と聞かれたら、誰しもそんなに前ではないでしょう。ソーシャル・ネットワーキング・サイトでのオンライン・ビデオ視聴が98%増加し、ウェブサイトにビデオを掲載することで、検索エンジンでのオーガニック・ランキングが向上するという研究結果も出ています。

このような驚くべき統計結果は、オンラインビデオがオンラインマーケティング戦略の重要な要素であることを確信させてくれます。オンラインでの存在感を高め、ビジネスを促進するという大きな目標の一部であり、ファイナンシャル・アドバイザーであっても参加することができるのです。では、どうやって始めるのでしょうか?

ここでは、コンテンツの選択、作品のアップロード、動画のソーシャルプロモーションを行うための3ステップガイドをご紹介します。

 

ステップ1: コンテンツを選び、動画を作成する

金融業界の一員として、プロフェッショナルで適切な動画を作りたいと思うでしょう。そこで、以下のようなテーマを考えてみました。

  • 裏側(オフィスのビデオツアー?)
  • 短いインタビュー(代表者などが、3つの質問を答える)
  • 会議での発言を録画する
  • 特定の運用手法について解説する(自分がその分野の専門家であることをアピールできます)
  • 質問に答える(よく聞かれることのある質問に答えてみてください)

 

ステップ2:動画をアップロードする

さて、次に気になるのは、これらの動画をどこにアップロードするかということでしょう。自分のウェブサイト以外では、YouTubeFacebookなどの動画共有サイトを利用すると、素早く簡単に動画をアップロードできます。Facebookには毎月2,000万本以上の動画がアップロードされており、オンラインでの動画視聴数は第3位となっています。悪くないスタートだと思います。たくさんのサイトに手動で動画をアップロードしようとすると、面倒になってしまいます。ツールを使い一括管理しましょう。

検索エンジンで検索されやすいように、動画を最適化します。人気を高める要素としては、タイトルや説明文、タグ、人気や再生回数、インバウンドリンク、コメント、動画の評価などが挙げられます。

 

ステップ3:コンテンツを共有・宣伝する。

動画をアップロードしたら、それだけでは終わりません。動画のリンクをツイートしたり、FacebookTwitterでシェアしたりして、動画の存在をアピールしましょう。動画のリンクをツイートしたり、Facebookのファンに知らせたり、LinkedInにリンクを貼ったりしましょう。

SNS - YUKI KOBAYASHI OFFICIAL

 

オンラインマーケティングを成功させるための4つのヒントをさらにお伝えします。

  • 目的は、人々にビデオと対話してもらうことです。コメントを許可し、奨励しましょう。
  • 検索エンジンに動画を見つけてもらう。Youtubeにアップロードするときは、タイトル、説明、タグを入れましょう。
  • 短くしましょう。オンライン・コンテンツ・ビデオの平均的な長さは35分です。
  • 視聴者が必要に応じてあなたのサイトにアクセスできるよう、動画にはURLを記載しましょう。

自分が動画に登場することは、最初は不安に思えるかもしれませんが、ソーシャルメディアでの日常生活に動画を取り入れることを恐れないでください。他の人を巻き込み、自分のブランドと交流してもらうことで、金融業界の競合他社よりも一歩先を行くことができるでしょう。金融業界でもオンライン動画を使ってビジネスを推進している例も既にたくさんあります。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示