ゲストブログ投稿時のチェックリスト

多くのブロガーは、他の著者からのゲスト投稿を公開しています(依頼された場合もされなかった場合も)。ブログ主にとっては、手間が省け、新たな声が加わり、新たな読者層を獲得することができ、ライターにとっては、他のブログでの露出を増やすことができるなど、双方にとってメリットがあります。

しかし、ゲスト記事が適切ではなく、疑わしい場合もあります。ブログ主としては、劣悪な素材を公開しないことを忘れないでください。ゲスト投稿を公開する前に、以下の10の重要なチェックリストを使用してみてください。

 

その記事は、あなたが求めていたものですか?

ブロガーはしばしば、ゲストブロガーにフォーマットに関するガイドラインを伝えます。著者はあなたのガイドラインに沿っていますか?正しくフォーマットされていますか?あなたが期待していた内容をカバーしていますか?パブリッシングブロガーとして、ゲスト投稿に多くの追加作業をする手間は必要ありません。

 

その記事はオリジナルで、あなたのブログだけのものですか?

これは事前に話し合っておく必要があります。もしその記事があなたのサイトだけのものであることを約束したのであれば、その記事がすでに公開されていないか、最悪の場合、他のソースから盗用されていないかを確認してください。簡単な確認方法は、記事の一部を抜き出してGoogleで検索し、完全に一致するものがあるかどうかを確認するか、無料サービスを利用することです。

 

その記事はあなたのブログのテーマに関連していますか?

ゲスト投稿は、あなたのブログに新鮮な視点や洞察力を加えてくれる素晴らしいものですが、その内容があまりにも分野外のものであってはいけません。その投稿が、あなたが取り上げているテーマに合っているか、あなたが作成しているコンテンツにプラスになるかどうかを確認してください。

 

その記事は、読み手のためになっていますか?

ブロガーはよく忘れがちですが、成功するブログは、書いた人だけでなく、読み手のためにあります。あなたが時間をかけて慎重かつ粘り強く獲得した目と耳を持つオーディエンスが、そのゲスト投稿を興味深く、彼らのニーズに役立つものと感じるかどうか、よく考えてみてください。もしそうでなければ、掲載を再考するか、修正を依頼しましょう。

 

ゲスト投稿の口調は、あなたのブログの口調と一致していますか?

これは、その記事があなたのオーディエンスに関連しているかどうかと密接に関係しています。ゲスト執筆者の声は、あなたの意見やあなたのブログの他の執筆者を引き立てていますか?例えば、あなたのブログのトーンがカジュアルで会話的であるのに、ゲストの記事が堂々とした大学教授のトーンであれば合わせてもらいましょう。

 

その記事は新しい分野をカバーしていますか?

ゲスト投稿は、あなたや執筆者が投稿する他の記事と同様に、何か新しいものを加えるべきです。読者がすでに熟知しているテーマだけではなく、ゲスト投稿者が新しい領域をカバーしているかどうかを確認してください。

 

文章のレベルはあなたのブログに合っていますか?

稚拙な文章では決して満足できません。あなたのブログには基準があり、その基準を満たす必要があります。ゲスト投稿者の投稿が、あなたの他の投稿の文章レベルに合っているかどうかを検討しましょう。あなたの読者が大学卒業者であるのに、小学校6年生レベルの投稿をしてはいけませんし、その逆もまた然りです。

 

スペルミスや文法ミスはありませんか?

多少の誤字脱字があっても、内容に価値があり、理解しやすいものであれば問題ありません。しかし、大量のスペルミスや文法ミスがあると、記事全体の印象が悪くなってしまいます。ゲスト投稿者は、スペルチェックや校正に時間をかけるべきであり、そうしなかった場合は、コンテンツにあまり時間やエネルギーを費やしていないことが明らかです。

 

読者はその投稿にどう反応するでしょうか?

記事を通して自分のブログに価値を与えたいと思っていますが、そのための方法の一つは、読者の間で議論を引き起こすことです。自分自身に2つの質問をしてみましょう:1つ目は、この記事が良い議論を促すかどうか、2つ目は、自分のブログに求める議論の種類になるかどうかです。

 

この著者は、またゲスト投稿をお願いしたいと思う人ですか?

もしそうであれば、将来的な投稿の可能性を秘めた素晴らしい新しいソースを手に入れたことになります。もしそうでなければ、恐れずに、その人の特殊なスタイルの文章が、あなたの求めるコンテンツではないことを説明してください。あなたのブログなのですから、賢く管理しましょう。

 

皆さんのブログに関する経験談をお聞きしたいと思いますので、お気軽にご連絡ください。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示