Facebookはファイナンシャル・アドバイザーにとって有効か?

Facebookは社会的交流のための優れたプラットフォームであり、もちろんそれがSNSと呼ばれる理由でもあります。Facebookには、友人との交流や写真の投稿など、対外的な活動が好きな人が多く閲覧します。そこでは、ファイナンシャル・アドバイザーが自分のブランドやサービスを宣伝するための余地もあります。

個人と仕事の境界線は非常に狭いので、誰もがビジネス目的のみでソーシャルメディアを利用するのは難しいかもしれません。さらに、他のビジネスとは異なり、金融機関には金商法が定めたコンプライアンス上の制限があります。しかし、このような状況にもかかわらず、金融機関の起業家や投資家は、Facebook上で存在感を示すことで、確実にビジネスを成功させています。

ここで、ファイナンシャル・アドバイザーが遵守すべきガイドラインについてお知らせします。

 

  • 第一に、あなたが金融機関の代表者や営業員である場合、Facebook上で具体的な金融商品を直接勧められません。
  • 第二に、ソーシャルメディアでの会話はすべて保存しておくべきです。
  • 第三に、Facebookのようなソーシャルメディアでのやり取りをする場合には、企業ごとのポリシーに沿って適切な運営をしましょう。ポリシーがない場合は、より慎重に対応すべきであり、ポリシーの導入をお勧めします。
  • 第四に、Facebookプロフィールのビジネスページに掲載するコンテンツは、広告審査の必要性を議論するべきです。
  • そして五つ目は、あなたの企業が第三者と提携していないにも関わらず提携していると思われないために、「免責事項」を追加することも考えましょう。

 

さて、Googleのキーワードベースの広告と、Facebookに投稿する広告との基本的な違いを理解していただきたいと思います。これは、Facebook上の人々は、検索ツールを使用して任意の商品・サービスを探しているわけではないことを知っておくことが重要です。

したがって、Facebook上のマーケティングキャンペーンは、どのように彼らに魅力的なオファーや魅力的なインセンティブを与えることによって、読者の注目を集めることができるにのみ焦点を当てるべきです。あなたの潜在的な顧客は、それが十分に有益だと感じた場合にのみ、あなたの広告をクリックします。

あなたが訪問者に何かユニークなものを提供することができれば、Facebookはあなたのビジネスを拡大するための強力なツールとして働くことでしょう。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示