Twitterを使う効果的な7つの方法

日本におけるTwitterの月間アクティブユーザー数は4,500万人です(201710月時点)。各種SNSの中で、LINEに次ぐ国内第2位のユーザー規模を誇ります。

Twitterは幅広いユーザー層に利用されています。Twitterユーザーは若年層のイメージが強いですが、実際には30代以上にも多く利用されています。投資系のコンテンツも多くなっているのでIFA、ファイナンシャル・アドバイザーにも相性は良いです。

Twitter Birds

 

ちなみに、全世界におけるTwitter月間アクティブユーザー数は33,000万人です(2019Q1時点)。

これだけ多くのユーザーがいて、他のSNS含め多くのチャンネルがある中で、どのようにしてtwitterの効果を最適化することができるか考えてみました。

 

関心を持ち続ける。

興味深い関連ツイートをリツイートしたり、有益なリンクを共有したり、質問に答えたりして、業界のリーダーと思われる人物と連携し、知識が豊富で役に立つという評判を高めましょう。11回以上ツイートすることで、フォロワーの目に留まりやすくなり、業界の最新ニュースを常にチェックしているという印象を与えることができます。ただし、botを使ってツイートを自動化しすぎるのは、スパムだと思われる可能性があるため、避けたほうがよいでしょう。

80/20ルールに従う。


自社の宣伝ばかりでは好ましくありません。 一般的に、安全な自己宣伝のレベルは20%で、80%のコンテンツのバランスは、他の人の仕事やその他の安全なトピックに関わるものです。安全な話題とは、フォロワーの生活に役立つヒントや、時事問題や業界の出来事についてのコメントなどです。自己アピールをするときは、あまり大げさにせず、率直に伝えましょう。過剰な自己宣伝をすると、スパムとしてリストアップされる危険性があります。

 

@nameを使う。

自分のツイートがリツイートされ、より多くの人の目に触れる機会を増やすために、他のツイッターユーザーに言及するときは必ず@nameを使いましょう。洞察に満ちたツイートを褒めたり、直接質問をしたりするときにも@nameを使いましょう。質問者は新しい知識を得ることができ、被質問者はポジティブなPRを得ることができ、双方が関係を築くことができます。

 

ハッシュタグを使う。

#ハッシュタグはツイートを分類し、Twitter検索で見つけやすくするとともに、特定のハッシュタグを検索する多くのユーザー(必ずしもフォロワーである必要はありません)にアピールすることができます。Twitterによると、ハッシュタグが付いた言葉で人気が出たものは、しばしばトレンドの話題になるそうです。ハッシュタグは、特定のトピックに関する情報を調べたり、そのトピックについて最も知識のあるアカウントを見つけたりする際にも有効に活用することができます。

 

戦略的に行動する。

1日のうち、特定の時間帯に投稿されたツイートは、読まれる可能性が高いと言われています。一般的に、ツイッターが最も活発な時間帯、つまり投稿に最適な時間帯は、週末と平日の夕方です。無料のツイッター分析ツールを使えば、あなたのフォロワーが最もアクティブな時間帯を特定するのに役立ちます。

 

ツイートのスケジュールを立てる。

忙しくて毎日ツイートできなかったり、理想的な時間帯にツイートできなかったりしませんか?フォロワーに知られないようにするために、ツイートをスケジュール化することを検討しましょう。無料ツールでもこの機能は簡単にできます。

 

分析する。

100万人のフォロワーを持つことは素晴らしいことですが、フォロワーが多いからといって必ずしも最適化できているとは限りません。リツイートはどれくらいされていますか?他の業界のリーダーからフォローされていますか?あなたのフォロワーは、あなたが求める層ですか?Twitterアナリティクスは、あなたのアカウントが望ましい影響を与えているかどうかを判断するのに役立ちます。マーケティング施策をするときは、構築までが重要なのは明らかですが、その後の分析、修正が最も重要です。

 

Twitterはあくまでも認知やリンク誘導のために使用すべきで、直接的な勧誘は控えた方がいいです。国内月間アクティブユーザー4,500万人以上にアピールするには絶好のSNSです。アカウントを教えていただければ拡散に貢献することもできますので、是非お問い合わせください。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示