メルマガを成功させるための6つのヒント

メルマガやニュースレターは、顧客や従業員、会社の関係者に、組織や個人の動向、今後の見通しやイベント、興味深い内容やカジュアルな内容などを提供するための優れた方法であり、人気があります。しかし、その人気の高さゆえに、課題もあります。しかし、以下の6つの方法を採用することで、読者の注目度を高めることができます。

 

1.計画を立てる


メルマガの焦点、範囲、スケジュールを明確にした計画を立てましょう。一貫性のあるメルマガを作るためには、焦点を合わせることが重要です。例えば、金融業界であれば、視聴者が適切と考えるトピックに焦点を当てるべきです。しかし、これは必ずしも定まったものではなく、ブランディングの基準にもよります。誰が、いつ、どれくらいの量のコンテンツを作成するのか、共有したいタイプのコンテンツを作成するために必要なリソースと時間があるかどうかを確認します。誰が、いつ、どのくらいの量のコンテンツを作成するのか。タイムラインを設定することで、メルマガを発行する前に、情報やコンテンツがいつ、何を必要としているかを関係者全員が把握することができます。ただし、アドバイスとしては、週に1回以上の高頻度で配信することは避けましょう。理想的には、顧客やステークホルダーから「どのくらいの頻度でニュースレターを受け取りたいか」というフィードバックを得て、それに応じて計画を調整するようにしましょう。

 

2.面白くて簡潔なコンテンツを作る。


記事の長さは1,000文字以内を目安にしましょう。メルマガやニュースレターは、過去1ヶ月間のブログ記事を1つにまとめるのに適しており、コンテンツの増加とコンテンツ作成の時間短縮につながります。ただし、ニュースレターに掲載する記事の説明は、簡潔でポイントを押さえたものにしましょう。

 

3.行動を促す。

例えば、「ミーティングの予約」や「デモの予約」など、無理のない範囲で行動を促す言葉を入れましょう。また、ニュースレターには、明確な連絡先や、会社のウェブサイトへのリンクが含まれていることも必要です。

 

4.過剰な宣伝は避ける

自社のことを紹介するのは当然のことですが、すべての記事のトピックがあからさまな自己宣伝であってはなりません。メルマガ全体が説教臭く感じられてしまうと、読者が離れていってしまう恐れがあります。メルマガの一つの魅力は、一般的な、あなたの仕事外の姿を読者に見せることです。

 

5.メルマガ配信サービスを選ぶ。

プロ並みのメルマガを作るのは、MAツールやメルマガツールのおかげで、かつてないほど簡単になりました。ステップ・バイ・ステップの指示に従って、さまざまなテンプレートから選ぶだけで、あっという間にニュースレターが完成します。Hubspot Marketingは、非常に使いやすく評価の高いサービスです。自動化や読者の分析なども簡単にできます。配信だけなら安いツールがたくさんありますが、重要なのは分析だと覚えておいてください。

 

6.メルマガを宣伝する。

メルマガの計画を立てて、コンテンツの作成をしたからといって完了とはいきません。可能な限りリンクを入れるようにしましょう。メールの最後やブログ記事、Webサイトなどが良いでしょう。このようなリンクは、メルマガ配信サービスで簡単に入れることができ、分析にも役立ちます。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示