オールドスクール・マーケティングからSNSマーケティングへ

私が証券会社の新入社員のころ、毎日自転車を使って新規顧客開拓という大義名分のもとに飛び込み営業を続けていました。町のいたるところに大きな看板広告がたくさんあるのを見かけました。いまだに錆びて文字も見えづらくなっている古い看板も多くあります。定期的に内容を変えているのだろうか。誰が何を載せるかを決めるのだろうか。なぜ、あれを載せるのだろうか。と、いつも考えてしまします。

 

私たちは人生のほとんどの時間はマーケティングによって動かされています。どこに行っても、車から缶詰まであらゆるものの広告を目にします。テクノロジーの変化に伴い、各家庭にコンピューターが設置され、今では一人ひとりがスマートフォンを持っています。そして、毎日ソーシャルメディアのネットワークサイトを利用する時代になりました。これは、以前の時代とどう違うのでしょうか?

旧来のマーケティングモデルがなくなったわけではありませんが、お客様の見つけ方が変わったことで、確実に割合は減っています。旧来のオールドスクール・マーケティングでは、常に一方的なメッセージ、つまり行動を促すものだけで成り立っていました。テレビの前に座ると、目の前の広告いつも「お買い得!」などと言います。買うか買わないかは、自分で決めることができます。

 

しかし、最近のメディアでは、商品やサービスに興味があれば、自分でネットにアクセスして調べることができます。このリサーチは、より深くなっています。近所の人に「この新しい商品を知っていますか」と聞くのではなく、ネットで調べてみるのです。オンラインに行けば、レビュー、販売しているサイト、比較サイト、広告と販売を統合しているソーシャルメディア・プラットフォームなど、すべてを調べることができます。

売り手のためのソーシャルメディアは、製品やサービスを間接的に販売する方法です。一方的な押し売りではなく、企業と消費者の双方向のコミュニケーションが必要です。

ここでは、顧客は複数の人と製品について対話をすることができます。消費者は、インターネットやソーシャルメディアのネットワークを通じて、より多くのことを知ることができます。消費者は、インターネットやソーシャルメディアのネットワークを通じて、より多くの情報に触れることができます。例えば、Facebookでは、たくさんの企業があなたの問い合わせを待っています。製品を購入したいが、どの製品が良いのかわからない。ネットで調べて、同じような疑問を持っている人を見つけます。フェイスブックやツイッターの友達に質問を投稿して、興味のある製品やサービスを使った経験がないか聞いてみるとか。

このような新しい形のソーシャルメディア・マーケティングの動きは、ビジネスに多大な影響力を持ちます。企業のソーシャルメディアは、お客様との関係を築くためのものです。ツイッターで誰かに何かを売りつけられたくはないでしょう。しかし、質問ができるように企業が窓口をオープンにしていることは重要です。これは双方向のニーズ合致の結果なのです。

 

消費者はメッセージをコントロールすることができます。以前は、消費者への販売は一方通行のコミュニケーションでした。しかし、ソーシャルメディアの普及により、そのようなことはなくなりました。消費者は、自分が気に入った企業との対話をコントロールする力を持っています。ソーシャルメディアの力はまだ十分に発揮されておらず、さまざまなトレンドに合わせて拡大したり縮小したりする成長途上の存在です。ソーシャルメディアは、消費者が始めたものであり、今では企業が消費者に自社の製品やサービスをより理解してもらうために利用しています。ソーシャルメディアはどこまで行くのでしょうか?どこまで行くのか、それは見守るしかありません。しかし、テクノロジーの時代が進むにつれ、消費者がオンラインで情報を見つけることは容易になっています。企業が積極的に変化を起こし、ソーシャルメディアを把握して正しく利用する限り、その限界は無限大です。

 

ソーシャルメディアだけではなく、他にも様々なマーケティング活動が行われています。このブログでは、他にどんなメニューがあるのかをご紹介しています。

私たちは、競争の激しい環境でトップを目指すファイナンシャル・アドバイザーのために、広範囲にわたるマーケティング・マニュアルを作成しました。健全なマーケティングでROIを最大化するための努力に役立つ情報、ヒント、コツがたくさんあります。様々なご意見、お待ちしております。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示