金融業界の仕事のストレスとの向かい合い方

金融業界、特にファイナンシャル・アドバイザーの仕事をしていると、ストレスや不安はとても多いものです。そのため、ここではファイナンシャル・プランニングの仕事をしている人が、日々のストレスや不安を管理するために使えるテクニックをご紹介します。

 

様々な仕事を同時に抱えてしまうと、ストレスを感じてしまうことがあります。そんなときは、深呼吸をして、数分間、何か気を紛らわせることを見つけます。散歩をしたり、音楽を聴いたり、新聞を読んだり、物事を新鮮な気持ちで考えられるような、頭の中をリセットできる活動をするといいでしょう。

 

最小単位まで分解して小さなタスクから対処していく

仕事で不安なことに直面したときは、タスクをいくつかの小さなステップに分けて、その小さなタスクを1つずつこなしていきます。小さなタスクをこなしていくことで、ストレスを管理しやすくなり、成功の可能性が高まります。

 

客観的に自分に問いかける

ポジティブな発言や現実的な考え方で、ネガティブな思考に対抗することも一つです。恐れや落ち込みを感じる考えに陥ったときは、客観性と常識を保つための質問を自分に投げかけて、その考えに挑戦します。例えば、あなたは「昇進できなければ、一生仕事ができないのではないか」と不安になっているとします。しかし、このような状況でのあなたの考え方は非現実的です。実際には、様々な種類の仕事がありますし、昇進できなかったからといって一生できないわけではありません。

 

未来は不確実

未来を100%確実に予測できる人はいないことを忘れないでください。恐れていたことが起こったとしても、予測できない状況や要因があり、それを利用することができます。例えば、仕事場で、数ヶ月前から取り組んでいたプロジェクトの締め切りに間に合わなかったとします。恐れていたことがすべて現実になってしまったのです。突然、上司がオフィスに来て、締め切りが延長されたこと、そして前日に伝えるのを忘れていたことを告げます。この出来事一つですべて助かってしまうのです。

 

長い目で見る

仕事上の不安に対処するには、一日一日を大切にすることです。ある恐怖がもたらす結果は現実的に見えるかもしれませんが、たいていの場合、予想できない他の要因があり、どんな状況でも結果に影響を与えます。状況の事実をすべて把握し、それを自分のために活用する。 自分のストレスや不安をコントロールできれば、長い目で見ればより良い結果が得られます。

 

一人で解決しようと思わない

身近にある助けを利用しましょう。可能であれば、恐怖や不安をコントロールする手助けをしてくれる専門家に相談してみましょう。専門家は、あなたが今抱えている問題に対処するためのアドバイスや洞察を提供してくれるでしょう。 専門家に相談することで、将来的に問題に対処できるようになるので、長い目で見れば自分自身を助けることになります。恐怖や不安をコントロールするには練習が必要です。 練習すればするほど、上達していきます。

 

最後に、私が金融機関で働いていたときの対処方をお伝えします。私は証券会社のリテール営業を10年以上やっていました。常に数字のプレッシャーがあり、うまくいかない時もありました。その心理状況は営業を行っている方であれば理解できると思いますが、冷静な心理にはなれず、強い不安に襲われます。

私が心がけていたことは、

  1. 周りの上司や同僚とコミュニケーションをとる
  2. 問題を一気に片付けようとせず、できる範囲で解決する
  3. 飲みに行く

1については、自分のプライドもあり、問題を直接相談することはなかなかできませんでした。しかし雑談でも何でもいいのでコミュニケーションを取るだけで解決の糸口が見つかります。2は小さなことからコツコツと、時間がなければ最終的に誰かの助けを借りることになりますが、少しでも解決しているか全く丸投げかでだいぶ印象が違います。3については、自分のメンタルをリセットするには最も効果的でした。ただし、「適度」に。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示