ITがマーケティングにもたらした革命と、金融業界がその恩恵を受ける方法

私たちは、コンピュータとオンラインの世界であまりにも早く多くのものを手に入れたため、時にはそれが当たり前のことだと思っています。2004年に始まったFacebookは、今では28億人以上のユーザーを抱える最大のソーシャルメディアプラットフォームになりました。地球上の多くの人がFacebookのアカウントを持っていることになります。日本人だけでも2,600万人います。すごい数です。テクノロジーは光の速さで動いていますが、もしあなたがキャッチアップしていかなければ、あなたのビジネスは塵に取り残されてしまうでしょう。

 

20年前には手に入らなかった、私たちが日常的に使用している重要なツールと、その恩恵を受けている企業を見てみましょう。

 

アナリティクス

20068月に登場したGoogle Analyticsは、追跡とつながりを生み出すのに大きな影響を与えました。では、なぜアナリティクスプログラムを使うことが重要なのでしょうか?アナリティクスには、ウェブサイト、Eメールマーケティング、クリック、デジタルコンテンツなどの閲覧者に関するマーケット情報がまとめられており、これらの情報を収集して活用することができます。

誰が自社の製品やサービスを使っているのか、どこに市場があるのか、といった難しいマーケティング調査をしなくても、アナリティクスプログラムを使えば、小規模な企業から大規模な企業まで、誰が自社のサイトにたどり着いたのか、リードを生み出すことができます。これにより、適切な層にプッシュすることも、顧客の方向に会社を動かすことも可能になります。つまり、ターゲットを絞ったマーケティングを行うことで、広告費の無駄遣いを減らすことができるのです。一生懸命働くだけではなく、賢く使いましょう。

最近はアナリティクスが非常に重要になってきており、ほとんどのソーシャルメディアやメディアページは、オンラインページへのトラフィックやオンラインページからのトラフィックを追跡するためにアナリティクスを使用しています。例えば、ある金融専門家がソーシャルメディアを利用し、フォロワーを惹きつける能力があるかどうかを確認することができます。例えば、最近の株式市場の変動に関するブログを投稿して数件のコメントをもらい、その数日後に退職後の生活設計に関する記事を投稿して十数件のコメントをもらったとすると、アナリティクスを使ってどの記事が最も支持されているかを確認することができます。さらに、誰が自分の投稿をクリックして、自分のウェブサイトにトラフィックをもたらしているかを追跡することもできます。

分析的な追跡は、金融専門家にとって、ソーシャルメディアへの取り組みをよりよくモニターし、何が最も有益なリターンをもたらしているかを判断するために、非常に有益です。

 

モバイルコミュニケーション

モバイルコミュニケーションの革命は、マーケティング戦略家にとって大きな変革をもたらしました。手のひらの上にインターネットの力がある今、私たちはどこにいても友人や顧客、お気に入りのブランドや企業をフォローすることができます。私たちの多くは24時間コンピュータの前に座っているわけではありませんが、ソーシャルメディアに依存している私たちにとっては、どこにいてもコミュニケーションがとれるということは、世界を大きく変えることになるのです。

ほとんどのスマートフォンには、FacebookTwitterのアプリケーションが搭載されており、指先でメールにアクセスできる機能なしでは生活できないほどです。現在、35,000万人以上のアクティブユーザーがモバイル機器からFacebookにアクセスしています。これらのアプリケーションがこれまで以上に重要になっていることは明らかです。

金融関係者にとっては、セミナーや懇親会の様子を顧客や見込み客がすぐに話題にしてくれるということです。ボタンを押すだけで、お客様がお友達に伝え、お友達がそれを見て......ということが可能になります。モバイルコミュニケーションは、オフラインとオンラインのコミュニケーションのバイラル能力を著しく向上させ、金融専門家が現在の顧客や見込み客と積極的に関わっていくことを可能にしています。

 

 

ソーシャルメディア

当たり前のことかもしれませんが、優れたソーシャルメディア戦略を立てるには、コミュニケーションが重要です。昔は、何かを売りたいと思ったら、一軒一軒訪問したり、ダイレクトメールを使ったり、見込み客に電話をかけたりしていました。

今日のソーシャルメディアは、従来のマーケティング戦略をオンラインでのやり取りに進化させました。もしあなたが営業の仕事をしたことがあれば、セールスファネルは聞き覚えがあるはずです。しかし、セールスファネルをソーシャルメディアファネルと考えてみましょう。あなたはオンラインでソーシャルネットワーク上の人々と出会い、彼らはあなたと出会うのです。より多くの人とつながり、コミュニケーションをとればとるほど、より多くのリードを生み出すことができます。

 

金融プロフェッショナルにとって、このことは、より広範でオープンなリードのプールに浸ることができることを意味します。Facebookはその典型的な例です。ここでは、人々はプロフェッショナルな関係を築き、お互いの組織やネットワークを向上させています。Facebookのグループでは、特定の地域に住む人、特定の業界で働く人、特定の活動に参加する人、さらには特定の層に属する人など、金融プロフェッショナルが求める人脈を探すことができます。このようなニッチなオーディエンスは、Facebookだけでなく、LinkedInTwitterなどの他のソーシャルメディアサイトでも見つけ出すことができます。金融機関の担当者にとって、従来のマーケティング戦略の流れを変え、顧客に頼るのではなく、顧客を探し出すことができる、これ以上ない方法です。

 

これらは、ここ数年で登場したテクノロジーのほんの一部であり、企業と消費者を結びつける方法を大きく向上させています。これらの3つの革新的な機能により、ソーシャルメディアネットワーク上でのマーケティングや潜在的な顧客との対話が、より迅速に、より低コストで、より簡単になりました。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示