セミナー告知のための12のアイデア

あなたはイベントプランナーではないかもしれませんが、キャリアの中でイベントを企画しなければならない場面はよくあると思います。勉強会、ウェビナー、金融セミナー、ワインの試飲会、出版記念パーティーなど、プロモーションを行ってゲストを惹きつけなければならない場面が出てきます。ここでは、セミナーなどのイベントのプロモーションにソーシャルメディアやデジタルマーケティングを活用するための、簡単で効果的な方法をご紹介します。

 

ランディングページ

ランディングページを作成し、そこに申し込みフォームを設置します。イベントをオンラインで宣伝する際には、このページに誘導し、詳細情報を伝え、できるだけ早く申し込んでもらえるようにしましょう。ランディングページには、日時、場所、スピーカー、周辺施設、地図など、イベントの詳細情報を記載します。このページは訪問者を誘導するキャッチーな文言と、誘導先を一つにして明確にメッセージを打ち出すことが重要です。

 

FACEBOOK 

Facebookでは、イベントの詳細を記載したイベントページを作成することができます。イベントを作成したら、人々を招待し、誰が来るのかを確認しましょう。また、イベントを宣伝するためのカバーページを作成する方法もあります。これにより、あなたのページを訪れた人全員の意識を引き寄せることができます。

 

LinkedIn

LinkedInでの告知も、イベントのメッセージを広めるのに最適な方法です。 LinkedInにグループがある場合は、「管理」から「お知らせを送る」を選択します。告知には、イベントの詳細と、イベントのメインページへのリンクを記載します。告知は、数週間前に送ることをお勧めします。

 

Twitter

Twitterは、イベントの情報を広めるのに最適なプラットフォームです。広報活動を行いたい場合は、地元のメディアなどに@メッセージを送りましょう。また、イベントに来てほしい人や知ってほしい人に@メッセージやダイレクトメッセージを送ったり、新しいスポンサーの情報を伝えたりすることもできます。マーケティングの過程では、RTしてもらうことで口コミが広がるようにします。もちろん、必死になっているように見えないように、無理のない範囲で。

 

ハッシュタグ

ツイッターでのもうひとつの大きな戦略は、ハッシュタグを使うことです。イベントに関する会話を細分化して整理するために、人々が会話できる独自のハッシュタグを作成します。例えば、Winviserのイベントでは、ハッシュタグは「#Winviser」です。なるべく他と被らないオリジナルのものを作りましょう。

 

ブログ

自分のブログにイベントの告知、講演の内容などの記事を作成します。登壇者を募った場合は、その登壇者によるゲスト投稿を行い、イベントの素晴らしさを視聴者に伝えましょう。

 

登録のインセンティブ

どうやって初めての人に登録してもらえばいいかわからないという方もいると思います。イベントに登録してくれた人には、抽選やプレゼントなどのインセンティブを提供することを検討してみてはいかがでしょうか。また、内容や開催環境で可能であれば軽食も検討しましょう。食べ物や飲み物は、人々の参加意欲を高めます。

 

招待状

招待状については、チラシ、メール、ソーシャルメディアなど、いくつかの媒体を利用するとよいでしょう。すべての招待状には、ランディングページ機能と十分な詳細情報が記載されていることを確認してください。

 

イベント告知サイト

無料でイベントを告知できるサイトがいくつかあります。大きな成果は期待できませんが、イベントプランニングのためのプラットフォームとして、チェックする価値はあります。

 

プレスリリース

メディアリストを持っている場合は、イベントの前後にプレスリリースを作成して送りましょう。メディアリストを持っていない場合は、PR timesのような企業に配信を依頼することもできます。

 

Eメールの署名

小さなことですが、イベントを宣伝するには効果的な方法です。一日に何通のメールを送っていますか?1週間に何通送りますか?このプロモーションをイベントのランディングページにリンクさせ、人々がより多くの情報を得られるようにしましょう。

 

ビデオを作る

イベントについて語るビデオや、講演者へのインタビューを作成しましょう。これはイベントに興味を持ってもらい、興奮してもらうためのシンプルな方法です。

 

イベントの企画はとても難しいですが、やりがいのある仕事です。幸いなことに、ソーシャル・メディアやその他のオンライン・マーケティング・ツールのおかげで、このプロセスがより簡単で効果的になりました。

Winviserは全てのプランニングを手助けすることができます。是非お問い合わせください。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示