検索エンジン最適化(SEO)の極意

検索エンジン最適化(SEO)という言葉を聞くと、多くの中小企業の経営者は、知識やリソースがないので不安になりやすいです。しかし、Googleの中の人を除けば、SEOに関するすべての答えを知っている人はいませんので、ストレスを感じる必要はありません。

起業してウェブサイトを作成する場合でも、既存のウェブサイトを再構築する場合でも、キーワードに関する以下のシンプルなヒントは、どんな中小企業でも最大限のSEO効果を得るのに役立ちます。是非ご覧ください。

 

人気のあるキーワードを見極める

製品やサービスがどんなに優れていても、誰も探していないような曖昧なキーワードを使っていては、ウェブサイトのランキング向上にはつながりません。無料で使えるツールを使って、消費者が何を買っているのか、何を検索しているのかを調べ、そのようなキーワードを取り入れましょう。

 

関連性の高いキーワードを使う

ウェブサイト全体で使用する関連キーワードやキーワードフレーズを1015個選びます。あまりにも多くのキーワードを使用すると、検索ワードとしての効果が薄れてしまうので、注意が必要です。1015個のキーワードは、各ページごとに変えてください。検索結果を最大化するためには、タイトルの最初の数語にキーワードを入れるようにします。

キーワードはできるだけ具体的にしましょう。例えば、家電製品を修理してくれる会社を探す場合、ほとんどの人は特定の家電製品やブランドを探しています。そのため、「家電 修理」よりも「(ブランド名) 修理」や「冷蔵庫 修理」の方が良いキーワードとなります。

最大限の効果を得るために、ドメイン名だけでなく、フォルダやページタイトルにもキーワードを入れましょう。

メタ・ディスクリプションは、Googleの拡張サイトリンクや、FacebookTwitterのリンクのデフォルト・ディスクリプションとして使用されるので、有効に活用しましょう。

 

キーワードの地域化

多くの消費者は身近な製品やサービスを探しているので、地域に密着したキーワードを使いましょう。「冷蔵庫 修理」よりも「冷蔵庫 修理 東京」のような具体的なフレーズの方がランキングが高くなります。さらに、Googleプレイスにビジネスを掲載し、そのビジネスの住所と電話番号がサイトに含まれていることを確認します。

検索エンジンは、ビジネスレビュー、コメント、リツイート、「いいね!」などを評価するため、地元のビジネスレビューサイトにビジネスのレビューを書くよう、顧客に働きかけましょう。

 

質の高いコンテンツを作る

ウェブサイトへのアクセス数を増やすために、インチキなコンテンツを作りたくなる誘惑に負けないようにしましょう。同様に、キーワードを無理矢理入れることも好ましくありません。例えば、「冷蔵庫の修理やウェブサイトのデザインのニーズにお応えします。」というのは、明らかにキーワードの使い方を間違えています。このような戦術は、ウェブサイトへのトラフィックを集めるかもしれませんが、訪問者はすぐにウェブサイトのページから離れてしまいます。

 

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示