Facebookページで良い評判を得るための5つの方法

Facebookは、個人が情報を共有するための手段として長い間親しまれてきました。最近では、企業がビジネス用のFacebookページを運営することで、新規顧客の獲得や既存顧客との関係強化につなげています。また、Facebookでの存在感を高めることは、企業のネット上での評判を高めることにもつながります。

 

ここでは、企業のFacebookページの利点を最大限に活用するための5つのヒントをご紹介します。

  1. プロフェッショナルなページを作る。

    個人のFacebookページでは、自分のキャラクターとして、自分のことを良い所悪い所すべて見せても構いませんが、ビジネスページではそのような露出は適切ではありません。Facebookのビジネスページを訪れた人にあなたの魅力が十分に伝わる書き方をしましょう。自分のこと、家族のこと、好みのこと、私生活のことなどを話しすぎると、少なくともあなたのビジネスに興味を持っている人には、好感を持ってもらえるどころか、逆に敬遠されてしまう可能性が高くなります。
  2. Facebook上で複数のビジネスページを持つ

    もしあなたのビジネスが複数の明確なサービスやターゲット層を持っているなら、複数のFacebookページを設定することは全く問題ありません。ただし、この戦略には2つの注意点があります。1つ目は、ページの内容や焦点がお互いに異なっていること。そうしないと、フォロワーは1つのページにしかついていかず、他のページは無視されてしまい、ページの更新があなたの資産ではなく負担になってしまいます。2つ目は、長期的に維持できるだけの数のFacebookページを作ることです。Facebookページをフォローし始めても、数週間後にはコンテンツが枯渇してしまうのは残念です。
  3. 画像を使う。

    調査によると、画像はテキストの投稿と同じくらい(あるいはそれ以上に)検索エンジンからの関心を集めます。ですから、投稿するたびに画像を入れるようにしましょう。さらに、Facebookのコンテンツを画像中心に構成する方法を考えてみましょう。動画や写真を投稿して、フィードバックを求める。面白い写真やかわいい写真を表示すれば、フォロワーの友達にシェアされる可能性が高くなります。最も重要なのは、検索エンジンのランキングを上げるために、写真にキーワードやビジネス名のタグやキャプションを必ず付けることです。
  4. 非伝統的な方法でビジネスを宣伝する。

    Facebookページの収益を気にしていると、この点がおろそかになりがちなことがあります。しかし、あなたのビジネスに関わるポジティブで注目すべきことであれば、Facebookページに掲載すべきです。企業の慈善活動やボランティア活動を紹介しましょう。あなたのビジネスに関連する業界団体、コミュニティ組織、賞などリンクさせましょう。また、従業員の成功や業績を紹介しましょう。
  5. ネガティブな話題には注意しましょう。

    ネガティブなコメントを受けると、ビジネスは急速に悪化します。そのため、ネガティブなコメントがあった場合は、迅速かつ適切に対処する必要があります。医者の「ヒポクラテスの誓い」と同じアプローチを採用してください:まず、害を与えないこと。つまり、Facebookページに投稿された批判に対して、怒りをあらわにしたり、反応したりしてはいけません。その代わり、王道を行き、自分の立場を説明し、可能であれば「それを正す」ことをしてください。必要であれば、自分のビジネスページに投稿されたコメントを削除することもできます。

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示