明日の成功は今日の計画から

ファイナンシャル・アドバイザーのキャリアは、チャレンジとチャンスの連続です。絶え間ない課題に対処し、絶え間なくチャンスを追い求めることは、最高の日であっても疲れるものです(最悪の日には、とことん落ち込むこともあります)。どうすれば、ビジネスの高低差を乗り越え、自分自身とともに成長するキャリアを築くことができるでしょうか?どうすれば、ビジネスを成長させるチャンスを見つけ、最大限に活用しながら、課題にも簡単に対処できるのでしょうか?すべてはビジネスプランから始まりますが、ただのビジネスプランではありません。

 

あるアドバイザーは、会社から与えられた戦術に従うだけです。あるアドバイザーは、会社から与えられた戦術に従っていますが、他のアドバイザーにとっては、レベルが高すぎるかもしれません。また、今日のビジネス環境の中で生き残るためには、早くビジネスプランを作成する必要があると切実に感じているアドバイザーもいるでしょう。あなたがビジネスのどの段階にいるかにかかわらず(ビジネスを始めたばかりであろうと、ある程度の経験を積んでより高いレベルに進もうとしている人であろうと)、ビジネスプランを作成することは、今、あなたの時間と努力に投資することであり、将来、数ヶ月、数年後にはより高いROIが得られるでしょう。

 

計画を立ててみる。

今まで計画を立てたことがない人は、少なくとも今年のビジネスプランを立てることから始めましょう。良い習慣を身につけましょう(これについては改めて詳しくご紹介します)。計画を進めたら、次はもっと長期的な視点で考えてみましょう。3年から5年の計画を立てましょう。次に10年から15年。確かに、物事は変化します(テクノロジー、ソーシャルメディア、マーケティング手法、業界の規制など)が、計画があれば、避けられない変化を乗り越えることができます。

ビジョンを描く。

自分の将来を夢見ることから始めましょう。自分にとって完璧なキャリアとはどのようなものかを思い描いてみましょう。頭の中でビジョンを描き、それを紙に書き出します。詳細に書けば書くほどよいでしょう。実際に頭の中でそれを実現してみてください。最高の状態の自分をイメージし、そこに到達するためのステップを考えましょう。

目標を設定する。

次に、そのビジョンを達成するためには何が必要かを明確にします。例えば、顧客や同僚との強力なネットワークを構築するには、ネットワークを構築し、常に関係性を維持する必要があります。そして、その目標を細分化して、より大きな長期的な目標を達成できるようにしましょう。

SMARTSpecific, Measurable, Actionable, Realistic, and Time-bound)と呼ばれる目標を立てることで、目標を漠然としたものではなく、達成可能なものにすることができます。

行動計画を立てる。

目標は自分で達成するものではありません。目標は自分で達成するものではなく、自分から行動を起こすものです。設定した目標ごとに、その短期目標を達成するために1年以内にできる行動をリストアップしましょう。(ベテランのアドバイザーであれば、3年後、5年後の目標に向けての行動も加えておくとよいでしょう)。) 行動は現実的なものとし、「今日は何をしようかな?」と悩むことなく、毎日起きて実行できるようにしましょう。

ビジネスプランの作成は、これよりもはるかに深い内容になりますが、賢いファイナンシャルアドバイザーは、ビジネスから推量を取り除き、夢を実行に移すために、この書きやすく、フォローしやすいビジョン・目標・行動のビジネスプランを作成することから始めます。

紹介者の中心(COI)を特定する。

紹介影響力のある人物は、あなたと他の人々を結びつけることで、あなたのビジネスを成長させます。あなたのビジネスにおいて影響力のある中心人物を特定しましょう(弁護士、司法書士、会計士などが多いですが、それだけではありません)。

常にCOIを増やし、既存のCOIとの関係を深めることで、これらのCOIを育成する。どうすれば彼らとのビジネスを意図的に成長させることができるかを考え、彼らにも相互に価値を提供する必要があることを忘れないでください。

メンターを探す。

生活上のストレス、仕事上のストレス、時間管理の問題などから、必要な目標を避けたり、怠ったり、見過ごしたりしてしまいがちです。メンターがいれば、目標を達成するためのモチベーションを高めることができます。メンターに求められるものは、あなたをサポートし、励ます方法を理解している良き聞き手であり、異なる視点を提供し、アイデアを生み出すことができる人です。メンターに何を求めているのか、いつフォローアップしてもらいたいのかを明確にすることを忘れないでください。

計画を実行しましょう。

計画は、実行に移してこそ意味があります。棚の上でほこりをかぶらせておくのではなく、計画を「日常業務のチェックリスト」として使い、一日の中で無駄な時間を過ごさなくて済むようにしましょう。計画を実行するために自分を奮い立たせ、それを維持してください。一貫性があれば、最良かつ最速の結果が得られます。計画を定期的に見直す時間を設け、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できるようにすることです。

今日、最初の一歩を踏み出すことから始めましょう。

自分が刺激を受け、ワクワクするようなことをして、成功したキャリアを持っている自分を見てみましょう。エリートアスリートなら誰でも、自分のルーティンを完璧にこなす自分の姿を、実行前に何度も何度も頭の中で思い浮かべるでしょう。自分が電話営業を成功させたり、完璧なプレゼンテーションをしている姿を想像してみてください。そうすれば、自分が望むものを見ることで、成功体験の倉庫を作り始めることができるのです。

無限の未来にワクワクしながら、まずは「今、ここ」から始めましょう。人生で最高の1年は、運が良かったり、時間に余裕があったりするだけではありません。自分のビジネスに情熱を持って毎日を過ごし、より良い自分になるためにどんな行動を取るかを選択することです。

今年は人生で最高の年になるという意図を持ち、明確に集中して道筋を描きましょう。この意図は、あなたが自分の飛行機のパイロットであり、目的地を選ぶことができるということです。あなたには、それを実現し、欲しいものを手に入れる力があることを忘れないでください。

 

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示