どのくらいの頻度でSNSに投稿すべきか?

最近、FacebookTwitterLinkedInなどのソーシャルメディアにアドバイザーが投稿する頻度についての議論がよく出ます。

 

あるマーケティングコーディネーターは、オンラインでの投稿に関して最も効果的な「マジックナンバー」は毎日3回程度であるという研究報告をしています。多くの研究では、ほとんどの場合、毎日23回の投稿が理想的であると結論づけられています。1回しか投稿しないと、他の何百万ものメッセージの中に紛れてしまう可能性が高く、また13回以上投稿すると、ユーザーがあなたのメッセージの価値に鈍感になってしまうことが多いからです。

ただし、例外もあります。ツイッターです。このソーシャルメディアでは、数時間毎のツイートであれば、1日に5〜6回の投稿をしても構いません。Twitterでは、毎分数千件の投稿があるため、メッセージが希薄になりやすいので、少し工夫が必要です。

1日に何度も投稿するほどの内容ではないとお考えですか?でも大丈夫です。専門家は、投稿を80ワード以下の短いものにすることを推奨しています。また、画像や動画を使うと、より視聴者の興味を引くことができます。1日に1回、短い記事を書き、写真や動画を投稿してみましょう。

動画も投稿してみてください。どちらがより多くのアクションを得られるか、ご自身で確かめてみてください。

 

アドバイザーがソーシャルメディアに関してコンプライアンス規制を満たすかどうかについても、多くの議論がなされています。もしあなたのコンプライアンス部門がソーシャルメディアを許可していなければ、それは問題ではありません。もし、コンプライアンス部門が許可しているなら、あなたは行動を起こす必要があります。

なぜか?ターゲットとなる市場はソーシャルメディアを利用しているからです。実際、世界の全人口の半分が何らかのソーシャルメディアを利用しているのです。ソーシャルメディアプラットフォームは、新しいリードを見つけるのに最適な方法であるだけでなく、あなたのオーディエンスに見つけてもらうためにも不可欠です。顧客や見込み客はあなたを探しているのですから、あなたは現れるだけでいいのです。

さて、ここで質問です。アドバイザーとして、あなたはどのくらいの頻度でソーシャルメディアを利用していますか?皆様からのご意見をお待ちしています。あなたのご意見をお聞かせください。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示