チームのコミュニケーションのための9つのヒント

リーダーがチームメンバーとどのようにコミュニケーションをとるかは、職場の雰囲気や全体的な環境に直接影響を与えます。従業員が職場に満足しているか、職場に来るのが嫌になるかどうかは、このコミュニケーションによって決まります。

経営者やチームリーダーが効果的なコミュニケーションを取らないと、チームメンバーは不満を漏らします。その結果、関係者全員に迷惑をかけることになります。オンライン・レピュテーション・マネジメントの必要性は飛躍的に高まっています。

リーダーであるあなたには、自分のビジネスに関わるすべての人と効果的にコミュニケーションをとる責任があります。

しかし、効果的なコミュニケーションは、その職場で働くことに対する人々の気持ちに大きな違いをもたらします。

 

Bait & Switch

ほとんどの場合、「何を言うか」ではなく、「どのように言うか」が重要です。例えば、チームメンバーとの会話は、常に明るい雰囲気で始めるのが良いでしょう。改善点や変更点を話す前に、うまくいっていることや正しいことを伝えます。

これはよく「bait and switch」と呼ばれています。「Bait(おとり)」とは、会話を始めるときの褒め言葉など簡単な言葉のことです。これにより、チームの注目を集め、あなたの話に対する熱意を引き出すことができます。その後、必要な変更や改善点を伝えるために「Switch(スイッチ)」を入れます。

 

ポジティブな面を見る

リーダーとしては、チームメンバーにポジティブな感覚を伝えることが重要です。あなたは権威ある人物であり、ロールモデルでもあります。そのため、明るく振舞い、たとえ物事が計画通りに進まなかったとしても、すべての物事にはポジティブな面があることをチームメンバーに示す努力をしなければなりません。

例えば、ゴールに失敗した時には、その失敗の有用性をチームメンバーに教えることができます。素晴らしい学習機会にもなります。

 

非言語コミュニケーションも重要

チームメンバーとのコミュニケーションでは、自分の見せ方にも気を配りましょう。服装、アイコンタクト、声のトーンなど、すべてが重要です。

 

尊敬の念を持つ

チームメンバーとのコミュニケーションの取り方によって、チームメンバーとの関係が決まります。今日の社会では、ほとんどの職場環境は、雇用者と従業員の間に多大な尊敬の念があるときに、最もうまく機能します。このことを念頭に置いて、常に尊敬の念を持ってコミュニケーションを取ることがベストです。

 

団結

チームリーダーやビジネスオーナーとして、あなたはチームメンバーを団結させる必要があります。チームが集まったときには、メンバー間の対立に注意しなければなりません。そのような問題は、エスカレートしてチームやビジネスに問題が発生する前に、解決すべきです。

 

小さないざこざ

いざこざや問題は、関係するチームメンバーと11のレベルで話し合うことです。そうすることで、状況をより深く理解することができ、チームメンバーはあなたが示す敬意と配慮に感謝するでしょう。場合によっては、あなたが調停者の役割を果たすこともできます。

問題を完全に解決できなくても、チームメンバーがその状況に対処しやすくなる方法を見つけられる可能性があります。少なくとも、関係するメンバーは、自分たちの意見が聞き入れられ、理解されたと思います。

 

人の時間でもある

チームメンバーには仕事があることを忘れないでください。つまり、リーダーとしては、彼らとのコミュニケーションをテーマに沿ったものにすることが重要なのです。そうすることで、あなたの言いたいことが伝わり、メンバーは元の作業に戻ることができます。

 

専門用語を避ける

あなたは専門用語を使い慣れているかもしれませんが、チームメンバーの中には慣れていない人もいるでしょう。そのような用語を使うのではなく、説明を必要としないわかりやすい用語を使ったほうがいいでしょう。そうすることで、会議の進行が早くなり、混乱もなくなります。

 

チーム・ニュースレターの作成

チームのメンバーとのコミュニケーションには、シンプルなチーム・ニュースレターが有効です。内容が印刷されているので、チームメンバーに伝えられた内容を再確認するのにも最適です。ニュースレターは、週単位または月単位で共有することです。

 

まとめ

チームメンバーとのコミュニケーションで最も重要なのは、直接的であると同時に、敬意を払うことです。リーダーシップを発揮することが期待されていることを常に念頭に置き、これにはコミュニケーション方法についても含まれます。

話すときには相手に十分な注意を払い、その代わりに同じことを期待しましょう。ポジティブでありながら、ビジネスは真剣です。冗談を言わないようにしなければならない時もあります。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示