IFAがSEOでやってはいけないこと

アドバイザーとして、あなたは自分のウェブサイトに適切な顧客を引き寄せたいと考えています。しかし、それ以上に重要なのは、適切な訪問者、つまり、あなたのサービスや専門分野に興味のある投資家をサイトに引き寄せることです。しかし、似たようなサイトが何千とある中で、どうやってあなたのサイトを見つけ出すのでしょうか?その答えの一つは、検索エンジン最適化(SEO)にあります。

SEOとは、あなたのウェブサイトが競合他社よりも検索で上位に表示されるようにすることです。以前のブログでアドバイザーのためのSEOの基本をご紹介しましたが、せっかくの努力が無駄にならないように、SEOでやってはいけないことを知っておくことも大切です。ここでは、「やってはいけないこと」のトップ5をご紹介します。

 

  1. コンテンツに一般的なキーワードばかり

ターゲットを絞った具体的なキーワードを使うことで、検索での競合を減らすことができます。例えば、「ファイナンシャル・アドバイザー」で検索すると3,200万件以上の検索結果が得られるのに対し、「ファイナンシャル・アドバイザー 税金」で検索すると200万件弱の検索結果が得られることがわかります。キーワードを最適化してターゲットを絞ることで、あなたの専門分野に興味を持つ訪問者に見つけてもらえる可能性が高まります。

  1. ウェブサイトの「検索」機能に頼る。

すべてのウェブページはリンクされており、ウェブサイトのメニューナビゲーションから簡単にアクセスできるようになっていなければなりません。Googleは「検索」機能を使ってコンテンツをクロールしないので、ウェブサイトに直接リンクされていないページはインデックスされません。

  1. リンクをやたら貼る。

検索エンジンだけに頼るのとは逆に、1つのWebページにいくつものリンクを貼ることもあります。たしかにリンクはSEOに重要ですが、検索エンジンは1つのページにある限られた数のリンクしかクロールしません。1つのページで処理しきれないほどのリンクがある場合は、新しいページを作成するか、本当にリンクが必要なコンテンツは何かを考え直してみてください。

  1. ウェブサイトのコンテンツをすべてフォームで囲う。

フォームは、見込み客や他のウェブサイト訪問者のデータを収集するための効果的な方法ですが、フォームの背後にあるコンテンツは、検索エンジンによってクロールされません。例えば、非常に強力でキーワードに富んだ情報を、訪問者がアクセスのために記入しなければならないフォームの後ろに隠している場合、そのコンテンツが検索エンジンにインデックスされるのを妨げていることになります。フォームを使用する場合は、ゲートではない別のページにキーワードの豊富な情報を掲載しましょう。

  1. ブログをやっていない。

ウェブサイトにブログを含めることは、リードを生み出すのに役立つだけでなく、サイトのSEOランキングのためにできる最善のことの一つです。ブログは、キーワードを含んだ新鮮なコンテンツを継続的にウェブサイトに掲載する機会を与えてくれます。また、SEOの最も強力な要因のひとつであるインバウンドリンクを生成する機会も与えてくれます。ブログの価値を最大限に高めるためには、コンスタントに投稿し、ブログを宣伝し、コメントに返信し、トップキーワードを意識して記事を書きましょう。そうすることで、訪問者があなたのサイトに戻ってきてくれるようになり、結果的にSEOを向上させることができるのです。

質問やコメントありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示