ウェブサイトのSEOを改善する3つのステップ

SEOSearch Engine Optimization)とは、検索エンジンの検索結果におけるウェブサイトやウェブページの視認性を向上させるプロセスです。検索結果の上位に表示される頻度が高ければ高いほど、検索エンジンのユーザーからより多くの訪問者を得ることができます。

検索エンジンのランキングを適切に最適化するには、時間と一貫性が必要です。検索エンジンランキングを向上させる最も簡単で、かつ最も重要な方法の一つは、ウェブサイトのコンテンツ内のキーワードを最適化することです。

 

ここでは、キーワードの定義を簡単に説明します。

キーワード:Google(または他の検索エンジン)に入力された検索語で、検索者が探しているものを説明するために使用するもの。

Googleはこれらの検索語(またはキーワード)を使って、人々がオンラインで探しているものを特定します。その後、検索エンジンは、検索者のキーワードと(貴社のような)ウェブサイトで使用されているキーワードを照合し、検索結果の順位を決定します。

マーケティング担当者が「ロングテールキーワード」という言葉を使うときは、少なくとも3つの単語を含む、非常にターゲットを絞った検索フレーズのことを指しています。ロングテールキーワードは、検索者が通常検索する内容です。以下はその例です。

キーワード: アドバイザー

ロングテールキーワード:ファイナンシャルアドバイザーの見つけ方、東京都のファイナンシャルアドバイザー、IFAからのアドバイス

キーワードが具体的であればあるほど(そして記述的であればあるほど)、検索エンジンの結果ページ(SERP)で上位に表示される可能性が高くなり、競合も少なくなります。ページのタイトル、URL、タグ、ページ、ブログ記事などに、このようなローカルな用語を関連付けることができます。

ページ全体で、自然かつ戦略的にキーワードを使うようにしましょう。例えば、「退職金の計画」というキーワードをターゲットにしている場合、退職金に関するコンテンツだけでなく、拠出金を増やすためのアイデアや手順、投資信託や債券を使ったバランスの取れたプランの構築方法なども含めるようにします。

 

SEOの向上に取り組んでいるなら、ウェブサイト内のキーワードを最適化することがスタート地点として最適です。一番のポイントは?3つの簡単なステップで行うことができます。

  1. 相手の頭の中に入る

あなたがGoogleでファイナンシャルアドバイザーを検索するとしたら、どのような言葉や単語の組み合わせを使いますか?あなたの顧客の頭の中に入りましょう。彼らが使う専門用語、解決したい問題、興味、友人、場所、教育などについて考えてみましょう。オーディエンスがどのように検索するかを評価することで、彼らを見つけることができます。

まずは、あなたのウェブサイトを検索してもらいたいロングテールキーワードを30個考えてみましょう。

ターゲット層の気持ちになって、良いロングテールキーワードを探すのが難しい場合は、Googleにお任せください。検索ボックスに検索キーワードを入力すると、検索エンジンがロングテールのバリエーションをいくつか提案してくれます。

  1. もう一度Google検索をする

ターゲット層に合わせてキーワードを選んだら、そのキーワードをGoogleに入力して(1つずつ)、すでにランキングに入っているかどうかを確認します。すでにランキング入りしているキーワードがあれば、新しいキーワードをいくつか選んでみましょう。

  1. 実行する

人々があなたのウェブサイトをどのように検索するかがわかったところで、彼らがあなたを見つけられるようにしましょう。ウェブサイトのトップページから始めて、コピーに目を通し、ロングテールキーワードを使用しているかどうかを確認します。これらの場所でロングテールキーワードを使うようにしましょう。

  • タイトルタグ
  • METAディスクリプションタグ
  • METAキーワードタグ
  • 本文の中での使用
  • ヘッダーとサブヘッダー
  • ページコンテンツ
  • リンクテキスト

自身で対応が難しい場合は、是非私たちに相談してください。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示