IFAのためのソーシャルメディアに関する15の意外な統計

他のファイナンシャルアドバイザーがソーシャルメディアからどれだけの顧客や見込み客を獲得しているか気になったことはありませんか?また、ターゲットとなる顧客がソーシャルメディアを利用しているかどうかも気になります。

これらの疑問は、ソーシャルメディアを利用することに躊躇している多くのアドバイザーの頭の中を占めています。それには理由があります。得るものがないかもしれないものに、なぜ時間とお金を費やすのでしょうか?

 

ここでは、そんな疑問に答えてくれるかもしれない、驚きの最新統計データをご紹介します。

- ファイナンシャル・アドバイザーの60%以上が、新規顧客獲得のためにFacebookLinkedInを利用しています。

- そのうち、32%SNSを使って1億円以上の運用資産を獲得しました。

- 500人のマーケターを対象に行われた調査では、60%がソーシャルメディアからリードを獲得し、62%が新規顧客を獲得しています。

- アドバイザーの71%は、ターゲットとなる顧客がSNSを利用していると回答しています。

- Twitterを利用しているオンラインユーザーの3分の1強が、「自分が気に入った金融商品や企業を友人や知人に勧めることが多い」という意見に同意しており、オンラインユーザー全体の21%と比較しても遜色はない。

- 上級管理職の75%が毎週ビジネスサイトを見ている。65%がビデオを見た後、ベンダーのウェブサイトを訪問する。

- Twitterアカウントを持っている45%が、Twitterを通じて金融サービス企業と交流することに興味を持っている。

- Twitterユーザーの53%が、自分のツイートで商品を勧めている。

- LinkedInユーザーの平均世帯収入は1,000万円。

- マーケティング担当者の76%は、ソーシャルメディアのコンテンツやインタラクションに関して、「消費者が何を求めているか分かっている」と考えているが、実際にそれらの購買者に尋ねたことがあるのは34%に過ぎない。

- 毎月300億個のコンテンツがFacebookでシェアされている。

- 様々な業界の約500人のマーケターを対象とした調査では、57%ROI測定が第一の課題であると回答しています。

- 代理店を利用しているマーケターは、ソーシャルメディアプログラムのパフォーマンスに満足している割合が2倍(21%、自社は10%)になる。

- 月に12回だけ新しいブログ記事を公開する企業は、まったくブログを書かない企業に比べて、70%も多くのリードを生み出しています。

- 1,000万円以上のマーケティング予算を持つ企業の44%がソーシャルCRMソフトウェアを使用しているが、一般的な企業では16%である。

 

このように、ソーシャルメディアに関しては、金融の専門家であっても多くのチャンスがあると言えます。より多くの研究が行われ、ソーシャルメディアがマーケティング・メディアとして成熟すればするほど、その効果の大きさを実感することができるでしょう。

 

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示