ランディングページを改善する方法

ランディングページは、アドバイザーのデジタルマーケティング戦略に不可欠な要素です。先日、ランディングページのパフォーマンス効果を測定する方法をご紹介しました。一言で言えば、コールトゥアクションのクリック率や、ランディングページにあるフォームへの入力率などが重要だということです。

 

測定方法がわかったところで、ランディングページを改善するためにはどうすればよいのでしょうか?

楽しくて短いページにする

ランディングページは、魅力的なグラフィック、オファーの簡単な説明、そして最も重要なフォームの3つの主要アイテムで構成されています。グラフィックは必ず楽しく、関連性のあるものを選びましょう(また、コールトゥアクションに使用されるイメージとの一貫性を保ちましょう)。また、イメージはオーディエンス(理想的な顧客)に関連するものを選びましょう。

もうひとつのアドバイスですが、訪問者に記入してもらうフォームには、必要な情報だけを記入してもらいましょう。基本的に、オファーをダウンロードするために必要な情報が多ければ多いほど、それを実行する人の可能性は低くなります。お名前、電話番号、Eメールアドレスなどを入力してもらうことは問題ありませんが、オファーをダウンロードするために人生をかけて署名しているように感じさせないようにしてください。

オファーの内容を確認する

基本的に、大げさな表現は避けましょう。ランディングページでは、コールトゥアクションが宣伝している内容を提供しているかどうかを確認しましょう。コールトゥアクションには、オファーとそのテーマを説明する同じ言葉を使うようにしましょう。この2つの要素は、ランディングページにもあるべきです。

ナビゲーションを外す

訪問者がランディングページを放棄するのを防ぐもう1つの方法は、ページ上の他のコールトゥアクションと一緒にナビゲーションをすべて削除することです。ランディングページのナビゲーションやその他の行動喚起をすべて削除することは、訪問者をランディングページに留めておき、フォームに記入してもらうための最も手っ取り早い方法です。

 

Winviserでは、ランディングページ作成支援を行っています。金融業界向けのランディングページの作成はお任せください。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示