効率的なマルチタスカーになるには

タイトルとは裏腹に、マルチタスクは実際には効率を悪くすることが多くの研究で証明されています。また、仕事に対する知識や理解度が低下することもあります。同時に多くのことをこなしても、うまくいかないことが多いのです。

しかし、落胆する前に、こう考えてみてください。マルチタスクが効率を低下させるという研究結果が出ているのは、もしかしたら、研究対象者がマルチタスクに対して正しくアプローチしていなかったからかもしれません。

うまくやれば、マルチタスクはまるで手がたくさんあるように感じられるのです。もし、あなたが上手にマルチタスクをこなしたいなら、次のことを考えてみてください。

 

マルチタスクの方法は1つではない

マルチタスクというと、複数の異なることを同時にこなすことをイメージするでしょう。これは、マルチタスクの唯一の方法ではありません。マルチタスクのもう一つの有効な方法は、15分から20分程度の短い時間で、一つのことに集中することです。達成したいことにもよりますが、この方法は多くのことを成し遂げるのに最適な方法です。

勉強するときでも、最初と最後に読んだ本の内容を覚えていることが多いので、この方法は特に効果的です。最初と最後の内容を覚えていることが多いので、その時間を小さく区切ることで、より覚えやすくなります。

 

自分に休憩を与えよう

これまで、集中して1つのことに何日も取り組むような環境で仕事をしてきた人が、さまざまなことをこなさなければならない環境に切り替えるのは、慣れるまでに時間がかかります。切り替え方を学ぶには時間がかかります。

 

自分の強みを活かす

自分には得意なこと、集中しなくてもできることがあります。また、より集中力が必要なこともあります。このようなものは、組み合わせて使うべきです。集中力を必要とする2つのことをやろうとすると、何の役にも立たないどころか、本当にイライラしてしまいます。注:習慣になっているものは、ペアにしても問題ありません。

 

無理は禁物

ただ、すべての注意を払わなければならないこともあります。それでいいのです。すべてがマルチタスクである必要はありません。他のことと同じように、無理にやろうとすればするほど、難しくなります。

 

テクノロジーを味方につける

真面目な話、短時間で多くのことをこなすためには、テクノロジーはあなたの味方です。例えば、メールで受信箱をフォルダ分けするように設定しておけば、自分で分類する必要はありません。

また、複数のソーシャルメディアのアカウントを同時に管理できるアプリもあります。

 

マルチタスクは可能です。挑戦し続けてください。

マルチタスクは、誰でも効率的にできるようになるものです。ほとんどのことがそうであるように、時間と練習を継続しましょう。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示