LP、HP作成の基本【ライティング編】

ビジネスをしている人は誰しも、成功のためには信頼を確立することが最も重要であることを理解しているはずです。だからこそ、今日最も信頼されている情報源であるインターネットを活用し、よく知ることが重要です。見込み客の大半がオンラインでサービスを探している今、ウェブサイトの情報がうまく伝わっていなければ、サービス選択の選択肢から真っ先に外れることになります。

第一印象だけでなく第二印象も

ウェブサイトはあなたの会社を映すものですから、第一印象、そして第二印象を良くする必要があります。サイトの美しさは最初に目に飛び込んできます。しかしそれだけではサービスを選ぶ判断材料にはなりません。本やCDを表紙で買って(ジャケ買い)、失敗した経験もあると思います。誰しも、見栄えだけでなく、文章が稚拙なウェブサイトの方が見てうんざりしてしまいます。また、ウェブサイトが貧弱だと、見込み客にサービス内容を理解してもらえないだけでなく、信頼もされにくくなってしまいます。

例えば、オンラインで航空券を予約する際、文法的な間違いやスペルミス、わかりにくい文章が多い航空会社のウェブサイトを見ると、「なぜ会社は気にしないのか」という疑問から「この会社は他にも雑な面があるのではないか」と考えてしまうかもしれません。航空会社のウェブサイトの品質とパイロットの操縦の腕前は関係ないと頭ではわかっていても、安全性に疑問を感じてしまうのです。あなたは人々の実際の生活を扱っているビジネスではないかもしれませんが、顧客の金融面やビジネスの土壌になるサービスを扱っているわけで、それは航空会社と同じように怖いことかもしれません。

私たちの多くは、編集者として読書をしているわけではないので、なぜネット上の存在からその会社を信用しないのか、その理由はわからないことが多いのですが、ただ、信用しないことだけはわかります。

 

常に相手の目線で考える

多くの場合、私たちが求めている情報が明確に伝えられていないことが原因です。これはスペルや文法にとどまらず、何をどう伝えるかも重要です。魅力的な文章は、その分野の専門家であることを示すだけでなく、そのような専門的な自分を確立するためのものです。信頼できるコンテンツで信頼を築こうとすることが、信頼を築くきっかけとなるループを生み出します。

ウェブサイトは、あなたのプロフェッショナルとしての実力を決定するものではありませんが、あなたの実力を人々に知られるきっかけになります。見込み客との最初の接点は、1対多数のオンライン上やセミナーで作られることが多いため、従来の方法で確立したのと同じレベルの信頼がオンラインでも反映されることが不可欠です。文章について語るとき、キーワードやアルゴリズム、最適化が話題になることが多く、ウェブサイトとそこに掲載するコンテンツの真の目的である「相手」を忘れがちになります。

LPHP作成の基本【ビジュアル編】はこちら

 

問い合わせる

 

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示