SNS広告を最大限に活用するためのコツ&ポイントとは?

昨今、どの業種の企業でも、SNSマーケティングが必須になり、SNS広告の需要も高まっています。旧来のアナログ広告より費用がかからず、より多様な層へリーチできるのがSNS広告のメリットです。

FacebookTwitterLinkedInInstagramTikTokなど、日本国内でもアクティブユーザー数千を誇るSNS広告はかなり効果的です。

数年前までは、ユーザー層が若めであったため、このような広告は一般的な消費材や、若年層向けの広告に限られていました。しかし、現在では、中高年のユーザーがメインであり、一般マス層だけでなく富裕層も多く利用しています。そのため、以前は相性が良くないとされていた金融業や不動産、または士業が新規顧客を開拓するためのツールとしても重要になっています。

 

ここでは、そのようなSNS広告を最大限に活用するためのコツ&ポイントをまとめました。

 

ソーシャルメディア広告から最大限の利益を得るためには、コンテンツ制作と同じように、常に基本的なことに集中することが重要です。以下は、あなたの業界内で最もリターンを得るのを助けるためのステップです。

  1. 常にタイムリーで、関連性が高く、権威のあるコンテンツを作成し、共有する。
  2. ソーシャル広告の目標を明確にする。この目標を定める際には、その目標を達成するために、どのような人たちとコミュニケーションをとる必要があるのかを考えてください。
  3. ほとんどのビジネス、特に中小企業のマーケティング予算は限られています。この広告費を最大限に活用するために、ターゲットオーディエンスが生活しているソーシャルプラットフォームのみに時間とお金を集中させましょう。SNS広告を出すと言って、ターゲット層が使っていないのであれば、すべてのツールを使う必要はありません。
  4. まずは、1つのSNSでゆっくりと広告を開始します。あなたの会社は、FacebookLinkedInTwitterのアカウントを持っていますが、ターゲットオーディエンスが富裕層の場合、まずはFacebookでソーシャルメディア広告を開始すると良いでしょう。Facebookは実名でリアルの人間関係に近いネットワークなので、金融や不動産の業種には最も相性の良いネットワークです。そして、広告ノウハウを習得し始め、何が本当に動作するかを理解し始めたら、その後別のネットワークでも広告を開始します。
  5. 何が注目を集めるかを確認するために広告の複数のバリエーションを作成します。異なる写真や投稿のコピーを試してみて、何が最も共鳴し、最も多くの相互作用を受け取るかを確認します。各ソーシャルネットワークの内部広告プラットフォームは、これを行うことが非常に容易になります。
  6. 取り組みを分析し、結果に基づいて修正する。各ネットワークには、比較的使いやすい内部広告の分析セクションがあるので、活用してください。

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示