CRMシステム導入時のよくある5つの失敗例

CRMシステムは、企業にとって知的な投資であると同時に、最大限の価値を提供するものです。しかし、システム導入時にいくつかの失敗をするだけで、利益率が低下してしまいます。ベテランのCRMユーザーでさえ、このような失敗を犯しているのです。

以下は、CRMの最も一般的な失敗例とその回避方法です。

 

  1. IT部門に任せきり

IT部門は必要に応じてサポートを提供すべきですが、新しいソフトウェア、特にCRMシステムのようにユーザーの入力に大きく依存するものを導入する場合、それを使う個人がリードする、あるいは少なくとも入力する必要があります。そうすることで、導入に反対する理由を探す代わりに、確実に使ってもらうことができます。また、IT部門にCRMシステムを任せると、実際のビジネスニーズではなく、自分たちの希望に基づいてシステムを運用することになるでしょう。

  1. エンドユーザーのことを考えない

CRMシステムを検討する前に、成功させるためには、エンドユーザーをプロセスに含めることが重要です。この新しいプラットフォームがどのようなメリットをもたらすかをエンドユーザーに説明しましょう。この議論は、CRMソリューションが組織全体を改善し、収益の向上、会社のコスト削減、時間の節約、販売指標の改善、プロセスの自動化など、さまざまな組織目標を達成するためのツールであることに焦点を当てる必要があります。

  1. 価値よりもコストを優先してしまう

しかし、CRMソフトウェアのコストは、それが提供する価値よりも優先されることがよくあります。あなたは、単に価格に基づいてソリューションを選択することは望ましくありません。その代わりに、組織のニーズに合ったもの、使いやすいもの、IT部門がサポートできるものを探しましょう。

  1. 統合の失敗

CRMへの投資を最適化するためには、他のシステムと統合することが重要です。例えば、電子メールやERPシステムと統合すれば、この重要なアクションアイテムを実行していない企業と比較して、収益を大幅に増加させることができます。

  1. 戦略なし

確固たる目標がないままCRMソリューションを導入すると、失敗するのは目に見えています。新しいシステムによって影響を受けることになるビジネスエリアごとに、測定基準と目標を持つことが重要です。指標を設定したら、それを一貫して測定することが不可欠です。

最も一般的なミスが何であるかが分かれば、それを回避できる可能性が高くなります。これは、できるだけ早く最高の投資対効果を得たいと考えている企業にとって不可欠なことです。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示