フォーム作成で陥りがちな間違いトップ3

HPやLPなどのサイトでウェブフォームを使用していますか?

おそらく、ほとんどのウェブサイトにはフォームが搭載されているはずです。メルマガへの登録、見込み客の情報収集、イベントへの登録、重要な会議のスケジュールなど、ウェブフォームは特に便利な機能です。

ウェブフォームは簡単に作成できますが、「効果的」なウェブフォームを作成するためのポイントを知っているかどうかが重要です。ウェブフォームの作成方法を知っていることと、実際に入力を促すような優れたウェブフォームを作成することは別のことなのです。

この記事の目的は、効果的なウェブフォームを通じて、より多くのリードを生み出す可能性を最大限に引き出すことです。そのためには、ウェブフォームを作成する際に使用している悪習慣をふるいにかける必要があります。そこで、今回は多くのサイト作成者がウェブフォームを作成する際に犯している間違いのトップ3を紹介します。

 

1. ウェブフォームはアンケートではありません

多くのサイトは、ウェブフォームをアンケートと勘違いしています。アンケートは、回答者に多くの質問をするように設計されています。その多くは多肢選択式の質問で、Webフォームでは絶対に避けなければならないものです。

ウェブフォームは、素早く、短く、全体として、意見を述べないようにする必要があります。このフォームを見て、「入力に時間がかかりすぎるから、やめとこう」とならないようにしましょう。ウェブサイトを訪れる人は、探しているものをすぐに見つけられることを期待していることを忘れないでください。もし、何かをしたり、手に入れたりするのに時間がかかりすぎるなら、彼らはそこから去ってしまうことは間違いないでしょう。

もし誰かにアンケートに答えてもらいたいのであれば、メルマガなどで別のアンケートフォームを使うことを検討してみてください。

 

2. 入力する項目が多すぎる

上記と同様ですが、ウェブフォームのフィールドの数を制限してみてください。ユーザーが入力しなければならないフィールドの長いリストを見ることほど、嫌なことはありません。検索に絶対に必要な情報のみを入力させるようにしましょう。たいていの場合、名前とEメールアドレスで十分です。役職や会社名、携帯電話番号などを尋ねるのは避けましょう。

それらの追加の情報がほしい場合は、これらのフィールドに入力する任意に設定するほうが良いです。

 

3. 個人情報は最小限に

これは重要なポイントです。いきなり多くの個人情報を回答しなければいけないとなると、情報保護の観点から嫌がる人が多いです。したがって、ウェブフォームは細かい個人情報などを尋ねるフィールドを含めることは避けてください。

 

webform

 

重要なポイントは、リードジェネレーションの可能性を粗悪なウェブフォームで台無しにしないことです。

良いウェブフォームを作ることは見落とされがちな作業です。「ウェブフォームを設置すれば、人々はそれに記入したいと思うだろう」と考えがちだからです。しかし、これは必ずしも正しいとは言えません。特に、ウェブフォームの項目が多すぎたり、一般的なアンケートのような機能を備えている場合は特にそうです。

次にウェブフォームを作成するときは、簡潔で分かりやすいものにすることをお勧めします。

 

Winviserの顧客獲得システム

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示