オンラインでメッセージを正しく伝える4つの方法

専門的な業界(金融など)のマーケティング活動は、特定のターゲットに焦点を当てるのが最も効果的であるというのが定説ですが、すべてのアドバイザーがそれに倣っているわけではありません。新しい見込み客やリードを探し続けることは重要なことです。ここでは、オンラインで正しいメッセージを伝えるための4つの方法を紹介します。

 

専門的な業界のマーケターは、サービスを販売するために適切なオーディエンスを見つけ、ターゲットにすることの大きな利点について、口を揃えて述べています。こうすることで、あなたは特定の分野の専門家となり、より効果的にそのグループにアプローチすることができるのです。

ウェブサイトでは訪問者がすぐに、あなたが誰で、何をし、誰と一緒にいるのかを明確に認識できるようにする必要があります。

ウェブサイトを訪れた人は、すぐにあなたが特定のターゲット層と専門性を持っていることを認識できるはずです。そうすれば、その人はすぐにあなたとつながり、あるいは知り合いを思い浮かべることができるのです。

特に、開業して間もない頃や、顧客層を変えたい時には、特定のグループの問題を解決する専門性をより早く示すことができれば、勢いに乗り、希望通りの紹介を受けることができるようになるのです。

あなたのブランドとターゲットを明確にすることは、ウェブサイトを通じて生き生きとしたものにしなければなりません。ウェブサイトのゴールは、合わない人を追い出し、合う人を引き込むことです。

ここでは、理想のクライアントに正しいメッセージを伝えるための4つの方法を紹介します。

 

- 画像

画像は、訪問者と一瞬でつながることができる強力な手段です。標準的な無料画像ではなく、オンラインで使用する画像にしっかりとした目的と理由を見出しましょう。理想的な顧客は共感してくれるでしょうか?

- ロゴとブランディング

色、レイアウト、デザイン、書体、アイコンを含む。これもまた、あなたの理想とするクライアントにマッチしている必要があります。あなたのブランドカラーは、顧客の心に響くものですか?富裕層や若い世代をターゲットにしている場合、ウェブサイトにそれが反映されていますか?

- メッセージング

理想的な顧客像に合うように、サイト内の言葉を工夫しましょう。専門用語は排除し、親しみやすく、理解しやすいコンテンツに置き換えましょう。ホームページを訪れた人が目にするウェルカムテキストは、ターゲットとなる顧客のニーズに焦点を当てたものにしましょう。

- コール・トゥ・アクション(CTA)

CTAは、ウェブ訪問者に行動を起こすように促すものです。「面談予約をする」、「資料をダウンロードする」などが一般的な例です。これらは通常、ボタンや画像としてWebサイトに表示されます。CTAとオファーをターゲットオーディエンスに合わせましょう。人によって、さまざまなCTAにさまざまな反応を示します。あなたのオファーがより専門的であればあるほど、あなたの理想的な顧客が餌に食いつく可能性は高くなります。

 

Winviserの顧客獲得システム

 

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示