マーケターとしての企画書・提案書の書き方

 

なぜ提案書を書くのか?

マーケターとして、企画書・提案書の書き方を知っておく必要があります。提案書はマーケターにとって強力なツールです。見込み客とのソリューション、ビジネスプラン、セールストークを共有するために使用されます。また、提案書は取引を成立させるために使われることも多く、見込み客との事前の会話や会議が具体的な機会につながらなかった場合に最適な方法です。業界知識、イニシアチブ、献身的な姿勢を強調することができます。

提案書は、常にあなた自身が主体となって行うものです。成功させるためには、一般的に広範なリサーチが必要です。

 

提案書はどのような場合に使うべきでしょうか?

  • - ミーティングの後
  • - 会話後
  • - メール送信後

縁を感じた見込み客がいたら、必ずフォローに行くのがベストです。

 

提案書とはどのようなものでしょうか。

提案書は、個人宛の手紙、セールス文書、またはその両方の組み合わせという形をとります。どちらもメールや郵送で送りますが、セールス文書であればミーティングで使うのがベストです。

 

提案書はどのように書けばよいのでしょうか。

ここからが難しいところです。提案書を書くには、Googleで検索するよりも徹底的なリサーチが必要です。従来のGoogle検索を信頼するだけでなく、出版物を読んだり、最新情報を得たり、ネットワークから情報を得たりしてください。あなたの文書は、簡潔かつポイントにする必要があります。華美な言葉は避け、「見せる」のではなく「語る」ようにしましょう。自分自身を褒めるのではなく、どのように付加価値を与えられるかを示します。

以下のような内容を盛り込みましょう。

  • - 個人的なタッチを加える - 過去のミーティングについて思い出させる。
  • - 例えば評価・分析。競合他社の分析、新しい戦略の紹介、そしてそれがその組織や個人のSWOTにどのように関わってくるのか。
  • - 自分の強みを生かす - 自分の専門知識がどのように付加価値を生むかを示す。
  • - 成功の実績を強調し、なぜあなたが信頼できるかを示す。
  • - ROI(投資収益率)-数字を含める。

 

確認すること

  • - 書類は2ページ以内(1ページが望ましい) - 簡潔にまとめる。
  • - ミーティング後すぐに提案書を送信するか、理想的には2回目のミーティングで提出するのが良いでしょう。
  • - ビジネスについて話す。結果、事実、数字を示す。
  • - バランスが取れており、例や参考文献によって十分にサポートされていること。
  • - フォローアップのために、自分自身で追客する

 

提案書は難しいものですが、そのプロフェッショナルでフォーマルな性質と、あなたの価値提案を伝える能力は、マーケターにとっての重要なツールになります。

 

問い合わせる

最新記事

すべて表示

最新記事

すべて表示